痔の原因と種類について調べたことがある

痔の原因と種類について調べたことがあるここで痔が出来る原因などの概略を解説しています。
ご存知ですか?日本人の3人に1人は痔にかかっているそうですよ。
かくいう私も女ではありますが、切れ痔に苦しんでいた過去があります。
その時に痔の種類と原因について調べたことがあるので、今回はその過去に調べたことを簡単にまとめて書かせていただきます。

まず、世間的には「痔」は中年男性が主にかかる病気だと思われがちですが、意外とそうではないんです。
そもそも痔には色々な種類があって、その種類ごとに原因が少し異なるそうです。
まず日本人に一番多いのが、内痔核(いぼ痔)。
排便時に出血はしますが、痛みはほぼないのが特徴です。
内痔核の原因としましては、長時間のトイレでの力みが強かったり、お産や出産の力みでも痔になってしまうことがあるそうです。
さて、内痔核と来たら外痔核です。
症状としましては、肛門の外に血豆が出来た状態で、とても激しく痛むのが特徴ですね。
私は小さい頃、痔と聞けばこれを想像していました。
外痔核の原因は、激しいストレスや座りっぱなしでいる行為が天敵になります。
それから、辛いものの食べすぎや体の冷えなんかも痔の原因になりえますね。
次は切れ痔について解説していきます。
切れ痔は肛門の皮膚が裂けて痛みや出血を伴います。
とくに女性に多く見られるそうです。
大まかな原因としましては、便秘の状態で無理やり排便をしようとして、その衝撃で皮膚が避けたというのが一番よく聞くパターンです。
一通りの説明はこれで終わりになります。
いかがだったでしょうか?少しはお役に立てていると幸いです。
とにかく、トイレではあまり力まないことが痔を回避する一番の方法かもしれませんね。
痔の原因入門